危険なキイロスズメバチの駆除について|害獣による様々な被害

殺処理と追い出し

ネズミ

ドブネズミやクマネズミ、ハツカネズミというのは家屋等に侵入し被害を発生させるイエネズミに分類されています。それら三種のイエネズミの内、ハツカネズミは自然と隣接した農村で多く見られるネズミです。穀物を好むため、主に食害等を発生させています。それに対してドブネズミやクマネズミは都市部や住宅街で多く見られ、ケーブルやガス管、建材、家具等の破損被害、衛生被害など様々な被害を引き起こしているのです。
イエネズミというのはどれも厄介なもので、個人で行なえるネズミ駆除では対処できないことが多いと言われています。ドブネズミは獰猛なため怪我・病気の感染といったリスクがあり、クマネズミについては警戒心が強いため捕獲が困難、ハツカネズミは繁殖力が非常に強いといった特徴があるため、個人での駆除が難しいのです。個人で駆除が行なえない場合、ネズミ駆除業者に助けを求める必要があるでしょう。ネズミ駆除業者であれば、豊富な経験と知識・技術を活かして確実なネズミ駆除を行なってくれます。また、業者専用の強力な薬剤等も所有しているため、その信頼度は高いものとなっているのです。強力な薬剤は散布するだけで効果を発揮し、それによる駆除されたネズミの死骸は業者によってしっかりと回収されます。極力、殺処理せずにネズミ駆除を行なってもらいたいのであれば、忌避剤等を用いた追い出しが行われるでしょう。このように、ネズミ駆除業者は依頼者の意思を汲み取ったネズミ駆除を実施してくれるのです。