危険なキイロスズメバチの駆除について|害獣による様々な被害

ハクビシンによる被害

ハクビシン

日本国内にいる害獣の一つに、ハクビシンと呼ばれるものが存在します。その名前に馴染みのある人もいれば、全く聞いたことがないという人もいるでしょう。ハクビシンは元々、一部の農村地域でのみ害獣被害を発生させていた生き物ですが、最近ではその行動範囲を広げ、都市部でもその姿が見られるようにもなったのです。ハクビシンは漢字で書くと白鼻芯と書き、その名称の通り鼻から頭部に掛けて白い線があるのが特徴的です。
ハクビシンによる被害というのは、家屋の軒下や屋根裏への侵入が主な被害だと言われています。軒下や屋根裏に侵入されると、そのまま棲み付かれ繁殖されます。棲み付かれるということは、屋根裏に餌を食い散らかされる他、糞尿まで溜め込まれてしまうのです。また、野生動物ですのでダニやノミを媒介しており、糞尿が溜まるにつれてそれらの害虫も増加していきます。最終的には、被害が大きくなってしまうことを容易に想像できるでしょう。被害を最小限に抑えるためには、ハクビシン駆除業者へ依頼して捕獲してもらう必要があります。個人でハクビシン駆除を行なおうと考えている人もいるかと思いますが、ハクビシンは鳥獣保護法により個人が無断で駆除を行なうことが禁じられているのです。そのため、ハクビシン駆除業者への依頼は必須と言えます。インターネットを利用することでハクビシン駆除業者を見つけることができるので、被害を受けた際には探してみましょう。